肌荒れの原因となってしまいます

肌荒れの原因となってしまいます

赤ちゃん、特に新生児の肌は予想以上に敏感です。新しい服を着せる時でさえも、一度、洗ってから袖を通さないと湿疹ができてしまう程です。
ここでは、新生児の赤ちゃんや敏感肌の赤ちゃんにおすすめのおむつの選び方を載せていきます。
お尻をかぶれにくくするには、通気性や尿の吸収率が良いおむつを選ぶのが一番です。おむつの中の蒸れを防止することで、肌への負担を減らします。普通のおむつで、かぶれがひかない時は、敏感肌用のおむつや高品質のプレミアムなおむつも販売されているので、そちらを使用してみましょう。それでも、どうしても肌にしっくりこない場合は、布おむつにする手段もあります。お母さんの負担は増しますが、赤ちゃんの肌には優しいおむつです。また、お尻がかぶれやすい赤ちゃんの場合、おむつの蒸れに弱いので、頻繁におむつを交換してあげましょう。
おむつの交換でお尻をふくときは、おしりふきで拭くのが一般的ですが、毎回、おしりふきで拭いてしまうと、肌が乾燥し、肌荒れの原因となってしまいます。新生児などの、まだ寝返りができず、動きが活発でない時期は、おしりふきを使わずに、水を入れた霧吹きをお尻に吹きかけ、こすらずに、ガーゼで優しくトントントンと軽く叩くように拭いてあげると、赤ちゃんのお尻への負担がぐっと低くなるので試してください。